FC2ブログ

ミスター・サマンサのお気に召すまま

ミスター・サマンサの「お気に召すまま」は、好きな音楽や映画、テレビ/アニメなどについてYoutubeの動画などを交えて自由気ままに綴ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Eric Clapton & Cream / エリック・クラプトン&クリーム

ジェフ・べックについて書いたので3大ギタリストからエリック・クラプトンについても触れてみます。
正直なところ、クラプトンについてはそれほど聞き込んだわけではありません。
最初に名前を聞いた頃なんか、エリック・クラプトンとピーター・フランプトンが一緒になってたぐらいですから(苦笑)。
まぁ、それと音楽が大人っていうのか、中高生の私にはフィーリングが合わなかったというのも理由かもしれませんが。
歳を取ってから改めて聞きなおすと「クラプトンもいいいよなぁ~」って感じになるのですが・・・。
さて、クラプトンと言えば、やはり「いとしのレイラ/Layla」あたりをってことになるのかもしれませんが、個人的にはクリーム時代の「ホワイトルーム/WhiteRoom」、あるいはビートルズのジョージ・ハリスンの「While My Guitar Gently Weeps」での演奏なんかの方が好きです。
ホワイトルームのワウワウなんか最高ですし、曲もかっこいいですよね(確か、何かのCMで流れていたような・・・)。
While My Guitar Gently Weepsは、ギターソロのメロディラインといいビブラートといいこれまた痺れます。
YoutubeでWhile My Guitar Gently Weepsを探したのですが、残念ながらクラプトンは登場しなかったので(ハリスンの曲だから仕方ないかも)クリームのホワイトルームを選んでみました。
クリームって曲もいいですけど、個人的にはサイケっぽいアルバムのジャケットが好きです。
そうそう、実は、演奏しているのを見るのは初めてでした。

クリームの素晴らしき世界 クリームの素晴らしき世界
クリーム (2006/06/21)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


Youtube動画「Eric Clapton & Cream / White Room」


While My Guitar Gently Weepsの動画
エリック・パトリック・クラプトン CBE(Eric Patrick Clapton CBE、1945年3月30日 - )はイングランドのサリー州リプリー出身の超大物ギタリストでブルース&ロックスターである。「スローハンド」というニックネームが有名である[1]。 Rolling Stone誌の2003年8月号のカバーストーリー、Rolling Stoneの選ぶ100人の最も偉大なギタリストに於いて第4位[2]。
ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと共に、3大ギタリストと呼ばれていた。今もロックやブルースのギタリストの多くに影響を与え続けている。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/03(木) 02:00:00|
  2. 洋楽(DEF)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Led Zeppelin/レッド・ツェッぺリン | ホーム | Jeff Beck / ジェフ・べック>>

コメント

30代,40代で株式会社を起業

株式会社とは会社形態の1つで、会社の支配権を株式で表す現代企業の代表的な形態 http://hatbox.misterblackband.com/
  1. 2008/11/15(土) 08:09:03 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://samanthacafe.blog75.fc2.com/tb.php/27-da7de3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

フリーエリア

よろしければランキングUPのためにクリックしてください!

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

年代別ブログ図鑑

月別アーカイブ

CM


最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

  • 検索エンジン@ハッピーポケット!
  • このブログをリンクに追加する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。