FC2ブログ

ミスター・サマンサのお気に召すまま

ミスター・サマンサの「お気に召すまま」は、好きな音楽や映画、テレビ/アニメなどについてYoutubeの動画などを交えて自由気ままに綴ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Led Zeppelin/レッド・ツェッぺリン

べック、クラプトンときたので3大ギタリストの最後はやはりジミー・ペイジ=レッド・ツェッぺリンです。
遠い昔にツェッぺリンのフイルムコンサート?のようなものに行って、時々、音を外すジミー・ペイジを見て、何となく
べック>クラプトン>ペイジみたいになってしまっていたのですが、ホント久しぶりにYoutubeでツェッぺリンの曲を聴くとすご~いの一言!やっぱツェッぺリン素晴らしいですね(Yotubeの動画を見て、ジミー・ペイジの場合、音を外そうが間違えようが、そんなことなど関係なくやはり偉大なギタリストであると改めて認識!?)。
さて、ツェッぺリンといえば、「天国への階段/stairway to heaven」が一番有名?なんでしょうけど、個人的には「移民の歌/Immigrant Song」とか「Rock 'n' roll」なんかが好きですね。
もちろん「天国への階段」はギター小僧(昔)にとってはバイブルのような曲なんですけど、移民の歌の最初の「あああああ~~~あ~っ!」っていうロバート・プラントの高音と曲のリズム感が私を痺れさせます。
考えてみれば、ツェッぺリンって、プラント、ペイジ、ボンゾ、(あと一人忘れた)と、凄すぎるメンバーが揃ったバンドですよね(改めて認識!)。
若い頃に聞いたツェッぺリンは、気分を重くするイメージがあったのですが、今聞くと、血が沸き立つような気分にさせてくれます。
Youtubeで探した天国への階段も移民の歌も、両方ともツェッぺリンは出ていないようなので、「Rock 'n' roll」を選んでみました。
この歌もかっこいいですし、ロバートプラント最高です!

Led Zeppelin IV Led Zeppelin IV
Led Zeppelin (1994/07/21)
Warner
この商品の詳細を見る


Youtube動画「Led Zeppelin/Rock 'n' roll」
[Led Zeppelin/レッド・ツェッぺリン]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/03(木) 02:39:20|
  2. 洋楽(JKL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Jeff Beck / ジェフ・べック

世界三大ギタリストといえば、ジェフ・べック、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジというのが私ぐらいの年代であれば通説というか、そう言われているのですが、今はどうなんでしょうかね(そんなのないのかな?)。
まだ中学生とか高校生とかいう時代だったので、三大ギタリストの凄さなどあまり分からず(特に、ジミー・ペイジは何故っていう感じはありましたね)、ひたすら速弾きの凄さとか(例えば、アル・ディ・メオラとか、ウルリッヒ・ロートとか)、ライトハンド奏法のヴァン・ヘイレンとかの方がもっと凄いじゃんなんて思ってたような気がします。
ただ、ジェフ・べックだけは個人的に崇拝している部分が多くて、特にこの「Scatterbrain」が入っている「Blow by Blow」を、ギター小僧であった私にとってはバイブルみたいなアルバムです。
べックのギターも凄いのですが、アルバム自体の完成度=音楽性も凄く高いと思います(他にも完成度の高いアルバムが多いですが)。
同じアルバムの「Cause We've Ended As Lovers/哀しみの恋人達」は、高校時代のバンドで演奏したので、今聞いてもこれまた格別の思い出がありますね。

そうそう、アルバム「There and Back」が出たときには、コンサートに行きました。べックかっこよかった~!
このアルバムも最高です!

Blow by Blow Blow by Blow
Jeff Beck (2001/03/27)
Epic Records
この商品の詳細を見る


Youtube動画「Scatterbrain」です。
[Jeff Beck / ジェフ・べック]の続きを読む
  1. 2007/05/02(水) 18:17:35|
  2. 洋楽(JKL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Journey/ジャーニー

昨日のうっとうしい天気から今日の神戸は気持ちの良い晴天です。
昨夜、TOTOについて書いたので、今回は大好きなジャーニーについて。
最初にジャーニーを聞いたのは、中3か高1だったような気がします。
聞いたというよりも、ギターマガジンか何かの雑誌でギターの二ール・ショーン(Neal Schon)について、「わずか17歳でサンタナに参加し"神童"と賞賛された天才ギタリスト」というような記事を見たのが最初だったと思います。
そして何かのきっかけでFMラジオか何かで流れていた「お気に召すまま/Anyway You Want It」を聞いて一発でファンになってしましました。
ボーカルのスティーブ・ペリー(Steve Perry)が加入する前のアルバムなんかも聞いてはみましたが、プログレっぽいというかあんまり好みではなく、やっぱりスティーブ・ペリーが加入してからのアメリカンロック的な雰囲気が好きですね。
「お気に召すまま/Anyway You Want It」は、ジャーニーがメジャー路線を歩む前のスマッシュヒットみたいな曲として扱われているようですが、個人的には、ジャーニーの曲の中で一番好きな曲です。

オープン・アームズ~グレイテスト・ヒッツ オープン・アームズ~グレイテスト・ヒッツ
ジャーニー (2004/05/19)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る


Youtubeで見つけた「お気に召すまま/Anyway You Want It」の動画です。
ニール・ショーンもスティーブ・ペリーもむちゃ若~い!
[Journey/ジャーニー]の続きを読む

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/02(水) 15:33:26|
  2. 洋楽(JKL)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

最近の記事

カテゴリー

フリーエリア

よろしければランキングUPのためにクリックしてください!

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

年代別ブログ図鑑

月別アーカイブ

CM


最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

  • 検索エンジン@ハッピーポケット!
  • このブログをリンクに追加する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。