FC2ブログ

ミスター・サマンサのお気に召すまま

ミスター・サマンサの「お気に召すまま」は、好きな音楽や映画、テレビ/アニメなどについてYoutubeの動画などを交えて自由気ままに綴ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

風と共に去りぬ

巷もすっかりGWモードとなりましたが、単身赴任のサマンサは一人神戸で過ごすことになりそうです。
色々とお出かけはすることになるでしょうが、部屋へ戻ってきてからは退屈するだろうなぁなんて思ってます。
DVDでも借りてこようと思い、早速三宮のTSUTAYAへ。
いくつも借りてきましたが、今夜はまず「風と共に去りぬ」からです。
ストーリーなど、言うに及ばないくらい名作中の名作となっていますが、サマンサもこの映画は大好きで、もうかれこれ20回ぐらいは見ているのではないかと思います。
クラーク・ゲーブルは渋いし、ビビアン・リーもはまり役です。
音楽も最高!
原作自体を批判する向きもあるようですが、個人的にはこれこそ娯楽映画の原点といってもいいぐらいだと思っています。
この映画の公開は1939年っていいますから、もう70年近く前になるんですが、お若い方も是非一度見ておいて損はないと思いますが・・・。

風と共に去りぬ 風と共に去りぬ
ビビアン・リー (2007/01/26)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2007/04/27(金) 21:21:52|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小さな恋のメロディ/Melody

今日の神戸は、小雨の降る寒い一日でした。
ここのところ天気がずっと悪いというか、スカッと晴れた日がないような気がします。
私の一人暮らしの部屋にはテレビがないので、仕事から帰ってくると音楽を聴きながらパソコンに向かうというのが日課のようになりつつあります。

このところよく聞いているのは「小さな恋のメロディ」のサントラです。
映画についてはWikiに書かれているのでそちらを見てください。

小さな恋のメロディWiki

この映画を見たのは確か中学1年生ぐらだったと思います。Wikiには1971年公開って書いてあるので、私が見たのはリバイバルだったのかな。
けれどもお尻が痛くなりながらも劇場で3回ぐらい立て続けに見た記憶があります(当時は映画館の入れ替えがなかったので・・・)。
それぐらい少年の私にはインパクトの強い映画でした。
丁度、中学生になりたてぐらいで、大人になりたくない子供の気持ちっていうのか、そんな気持ちを映画の主人公に感情移入して見てたからかもしれませんが。

今夜聞いているのはサントラ版です。
ビージーズの音楽も素晴らしいし、音楽を聴くたびに映画のシーンが蘇ってきます。

もうあの頃には戻れないと分かってるけど、何か甘く切ない気分にさせてくれる映画と音楽です。



小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック 小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ、ビージーズ 他 (2002/05/02)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


メロディフェアが聴けます。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2007/04/18(水) 20:55:14|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

フリーエリア

よろしければランキングUPのためにクリックしてください!

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ

年代別ブログ図鑑

月別アーカイブ

CM


最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

  • 検索エンジン@ハッピーポケット!
  • このブログをリンクに追加する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。